こんな場合は差し引けない:墓石の買入れや墓地の借用に要した費用

相続税には非課税財産になるものが存在します。それが墓地や墓石です。これらを生前に取得するか相続後に取得するかで相続税額に差が生じてきます。相続後に取得した場合、相続税を計算する上で控除の対象にはなりません。相続税支払い後の金額で購入することが必要になります。それにより多くの支払いが生じてきます。そのため、支払いする金額を抑える方法を知っておくことが必要です。問題への対処方法としては生前に取得しておくというものが挙げられます。生前に取得をしておくことで相続税の節税対策になります。生前に取得をするのは縁起が悪いという考えもあります。しかし、実は寿陵と呼ばれ徳が高く、縁起が高いことであるとも言われています。近年では早い段階で取得を検討されるケースが増えてきています。家族に迷惑を掛けないように本人自らが検討をすることも多くなってきています。本人の決断が優先されることなのでおすすめしやすい方法ではありませんが、本人の健康状態が良いうちに家族間で話し合いの場を設けることも重要です。そして、非課税財産になるものを知ることと共に節税対策の方法を把握しておくことが相続税を考えるうえで必要になってきます。

コメントは受け付けていません。