こんな場合は差し引けない:香典返し

香典返しは葬儀に参列してくれた方へお礼状を添えてお返しするものです。時期は49日の忌明けの頃に品物をお送ります。
仏式では49日の忌明けに、キリスト教では1か月目の追悼ミサの頃に、神式では五十日祭の頃というように葬儀により違いがあります。日数は亡くなった日を含めて数えます。お返しの品の相場ですが一般的には半返しといわれ頂いた金額の半分位を目安にお返しとしますが、一家の働き手が亡くなった場合とか両親が亡くなり子供たちだけが残された場合などはお返しをしなくてもよいことになっています。その時はお香典は残された子供たちのために役立たせましたということを書いて、お礼状を出します。お返しの品物にはのし紙をかけます。お返しを持参する時は包装してから外のしをかけます。郵送する時は内のしにします。地方により異なりますが使い分けていることが多いです。香典を頂いた方全員に同じ品物を送る事もありますが、カタログギフトなどを利用して頂いた金額に応じて金額を3段階位に分けて贈る事も多いようです。若い方にはカタログギフトを使ってお返しをして、年配の方には利用方法がわかりにくいので選んだものを贈るという方法もあります。職場の方から頂いた場合は一人ずつよりも職場全体にお菓子やお茶などでお返しの品とした方がよいです。

コメントは受け付けていません。